深い山のブログ

分け入っても分け入っても青く深い山

留学についてその5

今回はこれまでのテーマに収まらなかったことについて書く。

 

 

はじめにトレーニング環境について、大学内にはタータンの400メートルトラックをそなえた運動場が2つある。うちひとつはインフィールドが天然芝で、もうひとつは人工芝となっている。跳躍の砂場、投擲のピットもある。3000sc用の水濠も一応存在するが、ハードルは一度も見たことがない。坂ダッシュに使える坂もある。

大学の体育学部の陸上班があるらしいが、彼らは平日の日中、授業として練習しているようで、どのような活動をしているかはよく知らない。スタブロをもって歩いている人を見たことはあるので、どうもスタートの練習はしているようだ。

朝と夜はトラックを走ったり歩いたりしている一般の学生が多いので、その時間にポイント練習をするのは危ない。

 

 

大学から歩いて20分ほどの距離にトレーニングジムがある。今年で開業2年目らしい。フリーウェイト、マシン、トレッドミル、バイク、卓球台、ビリヤード台などのトレーニング機器がそろっており、シャワー室もある。学生証をみせれば、4か月で280元の学生プランが申し込める。

使ったものをほかりっぱなしにしておくというマナーがある。

 

 

留学に際してかかる一年分の諸経費について

学費 : 8000元

寮費 : 2400元或いは1200元

ビザ : 400元

保険 : 300元

教科書代 (中国語を学ぶコースの場合) : 200元

 

学費と寮費については、半年の場合半額になる。これらに加えて光熱費や飲食費、交通費などの生活費が必要になる。このあたりはどのような生活を送るかで金額の多寡が変わってくるが、日本の水準と比べたらずっと安い場合が多い。

ビザは、自分で手続きすればこの400元はいらない。教科書代は、自分でネットで買った方が多分安くつく。

 

 

そのテの店は、本番ありで600~700元、なしでその半額くらい。半紹介制で、暗号を知っておく必要がある。外観はただのお茶屋。

 

 

気候について、昆明は春城という異名があり、一年を通じて春のようで過ごしやすいとうたうが、実際のところ夏の晴れた日中は暑い日もあるし、冬の朝晩もそこそこ寒い。雨が降ると季節を問わず一気に冷える。夏の暑さは、乾燥していることもあり、日本の暑さよりも気にならない。6月から8月ごろにかけては強烈なにわか雨が降る。

 

 

今回はここまで

 

f:id:fukaiyama:20170319154951j:plain

f:id:fukaiyama:20170319155008j:plain